イラクの子どもたちへの医療支援をおこなう市民団体です。


by iraq-c

イラクの今を聞く~最激戦地ファルージャから

報告会のお知らせ 2012年2月24日(金)19時~
イラクの今を聞く
最激戦地ファルージャから

2003年のイラク戦争において最も激しい戦闘が行われたファルージャから現在2名の医師が来日、愛知医科大学病院にて医療研修を受けています。
アブデルワハブ医師・オマール医師は、米軍に占拠された病院で体を張って戦争被害者を守りぬいた医師たちです。
戦争から現在に至るまでの日常生活や劣化ウラン弾の被害を含めた医療現場の状況を医師としての立場からお話いただきます。
是非ご参加下さい。

ファルージャ総合病院 整形外科医
アブデルワハブ・ムハンマド・アローシー医師

ファルージャ総合病院 心臓外科医
オマール・ラビーウ・ハーシム医師


日時:2月24日(金) 19:00 ~ 20:30
場所:名古屋伏見スクエアビル9F
愛知保険医協会・伏見会議室
会議室電話番号 052-223-0415
(夜間のためビル北側裏口よりお入り下さい。)
主催:核戦争に反対する医師の会・愛知
セイブ・イラクチルドレン名古屋


お問い合わせ先
電話 052-852-1336
FAX 052-858-3851
http://www.iraq-c.gr.jp
[PR]
by iraq-c | 2012-02-13 11:48 | イベントのご案内